緑ヶ丘公園にある「緑と花のセンター」が穴場スポットな件


 

こんにちは、佐々木かえでです。

花粉症が辛いです。木々が繁殖のために必死に頑張ってるんだと自分に言い聞かせてますが、それはそれで複雑な気分です。

 

スポンサーリンク



行ったことある? 緑と花のセンター

ところでみなさん、「緑と花のセンター」って行ったことありますか?

緑ヶ丘公園の角らへん、セイコーマートの道路はさんで隣にあります。

 

オレンジ色の建物です。

どんな施設かというと、ライトな植物園のような施設です。(私はそもそも他の植物園に行ったことがないので植物園がどういうものなのかよくわかっていませんが)

 

この施設、なかなかオススメですよ。

 

 

おもちゃがある!

小さなお子様を持つ方必見、なんと木のおもちゃがあります。

テーブルが2つあって、こちらは木のおもちゃがたくさん置いてあるテーブルです。自由に遊んでいいそうです。

 

あらゆる種類の木のおもちゃ。コマ、おさんぽ犬、けん玉、くるま、サイコロ、色々な種類の木のたまご型オブジェ。

 

球が落ちてくるクルクルチャイム的なおもちゃ。下まで到達すると「チン♪」と鳴ります。

 

いろんな種類の木の感触を味わえます。これなかなか好きです。

 

おもちゃテーブルの隣のテーブルではパズルができます。

温泉宿によくあるシリーズの他に、北海道の支庁パズルや十勝市町村パズルがあります。小学生のとき授業でよくやりました。20市町村・14支庁って習ったんですけど、今はもう違うんですよね……。

今は19市町村・9総合振興局ですよね、確か。いま調べました。

 

間違ってたら教えてください。

ともかく、このパズルで十勝と北海道の地理はばっちりなのです。

 

ちなみにおしりふきは私物です。お手拭き用として使っています。テーブルに置いてありますが、このパックでは1度もお尻を拭いていないので安心してください。

 

 

植物・栽培について学べる!

おもちゃテーブルのすぐそばに本棚があり、植物の本がギッシリ詰まっています。

これが、家庭菜園をやっている身としては興味深いんですよ。

 

行ったらこの本を読むようにしています。庭に果樹のある暮らしとか夢です。いつか、いつか……。

 

 

ときに、センター入って右がおもちゃやパズル、その奥がこれから紹介する植物園なのですが、入り口入って左に行くと植物の病害虫とそれに有効な農薬がどれなのかについて学べるボードがあり、役に立ちます。

が、コナジラミやアブラムシのどアップ画像と共に紹介されているので、虫が苦手で見たくない人は入り口入ってすぐに右を向いてください。

ちなみに左で見切れてるマップの全貌はこんな感じです。

 

このボードの奥はこうなってます。

広い。

 

 

植物園!

おもちゃのテーブルの奥に行くと室内ガーデンがあります。暗いのは撮影が夕方だったからなので、晴れの日の昼間なんかはすごく明るくていい感じだと思います。

 

ひとりでも大丈夫な年齢なら、子どもたちがおもちゃで遊んでいる間に親はこちらで休めますね。

 

こっちにもイステーブル。

 

カメラ初心者の練習場

ここには花が咲いていますが、野外ではないので風が吹きません。

写真を撮る角度や構図・設定の練習場として最高の条件が整っています。

外だと日光補正はありますが、「暗い場所や室内でいかに上手く撮るか」という練習はできません。

私は写真を撮るのがあまり上手くないので、ここぞとばかりに練習してきました。

 

 

 

ちなみに自動モード(発光禁止ほか)です。

AFとかいじろうとすると「MPがたりない!」と言われてしまうんです。

 

でも生きている花をたくさん撮れたのは、写真の実力に関係なく楽しかったです。

別に上手くなれなくてもいいや。

 

写真の実力はさておき、植物はきれいでした。

被写体が良ければ、実力がなくても良い写真に見えなくもなくもなくもないんですね。なるほどなるほど。

 

 

人が少ない、ほぼいない

ひととおり紹介してきましたが、ここの一番の魅力は他にあります。

 

保育園がお休みの日、どこに出かけたらいいのかすごく迷うんですよ。

緑ヶ丘公園で言えば、グリーンパークやその隣の遊具と水の公園、動物園、児童会館など、いろいろ候補はありますが人に会うのが嫌なんだよ~~~~!!!!!

という心境にしばしばなるんですよ。

 

楽しいところは、楽しさに比例して人が多い!

 

「楽しいところ行きたい!でも人は嫌!でもお出かけしたい!」

 

緑と花のセンターは、そんなときに最適な場所なんです!人が嫌じゃない時期もたくさんあります。念のため)

 

だって、人が少ない。

色々心配になるくらい職員以外の人を見たことがないんですが、たぶん知名度が低めなんだと思います。

 

  • グリーンパーク
  • おびひろ動物園
  • 百年記念館
  • 美術館
  • 帯広市児童会館
  • 緑と花のセンター

 

この中ではおそらく百年記念館と同等以上に知られていないでしょう。

 

 

さらに、もう1つ人が少ない理由を推測すると、「入っていいのか分からない」というのが挙げられます。

 

私も最初は入っていいのかすら分かりませんでした。

 

緑と花のセンターというだけあって、建物も緑と花に囲まれていて、完全に自然に紛れています。

そして、遠くから見ると入り口が派手にウェルカムしていないので、はたして営業しているのか、関係者以外が立ち入っても良い場所なのか、よく分からないのです。

追い打ちをかけるのが、そもそも建っている場所です。緑ヶ丘公園の端の端で駐車場も独立なので、「何かのついでに寄る」ということがまずありません。他の施設は隣接していたり野草園経由で繋がっていたりとスムーズに移動できるのですが、ここは立地が非常に不憫です。知ってさえいればすごく良い立地なのですが。

 

ただ、今まで公園記事を書くにあたって調べていると、どうやらこの緑と花のセンターは帯広市の公園を管理する事務所を併設しているようなので、人がたくさん来ても大変だからあまり宣伝しないのかもしれませんが……。

木の観覧車の奥に見えるのが事務所。職員の方が仕事しています。

 

いや、私が行った時間帯が悪かった可能性もあります。

普通に人気があって普段は混んでいたりしたらごめんなさい。ゆるしてね。

 

 

そんなこんなで、本当はなかなかの施設なのにあまり人気がない(と思われる)のがこの場所ですが、いいですよー、特に小さいお子さんがいる方にはおすすめですよー。

雨だったりいつもと違う場所に行きたいときなど、行ってみてくださいね。

 

 

いや、人増えちゃうので行かなくてもいいですけど。

 

 

まとめ

 

緑と花のセンターは、

  • おもちゃで遊べる
  • 植物園がある
  • 植物とその栽培方法について学べる
  • 人が少ないので落ち着ける
  • 目立たない場所にひっそりと存在する
  • カメラの練習がしやすい

場所です。

 

入り口前のボード。

 

営業時間:9時~17時

定休日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始

電話:0155-21-3172

帯広市による公式サイトはこちら

 

 

 

最後に周辺で撮った写真を載せてさようなら~~~~!

 

 


あちこちトカチ公式Twitter始めました!
フォローしてくれたら嬉しいです!

Facebookページのいいね!もよろしくね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です